私たちは幸せになるために生まれてきた。

生きるとは何か、人生とは何か。

私たちは幸せになるために生まれてきた。

セッションを受けてくださった方から、嬉しいメッセージが続いています。
「自分は幸せになれないと思っていた。だけどセッションを受けて明るい未来が見えた」
決して喜ばせるためだけに良いことだけを伝えたわけではありません。
「現在のこの課題を解決すると、こんな未来が待っているよ」
それはその方が設定してきていることなので、セッションを受けて魂のインスピレーションとつながると、
「あぁそうだった。忘れていたけど、そのために生まれてきたんだよな」
という具合に、自分が今世何を解決しようとしていたのかをおぼろげながらもつながるんです。
その方の内面にないものであったら、逆に怒りが出てくると思います。

1時間セッションをご予約いただいた方でしたが、30分で知りたい事すべて解決しちゃったと言われたので、
残りはその方のプロセスを自己認識から自己覚知へ進めるために、対話をしながら幼少期のトラウマ解放に取り組むことにしました。
なぜなら、そのトラウマが解決したら覚醒が始まるパターンだったからです。
(時間が余ったとしても、セッションを受けてくださった方にお喋りで時間を潰すことはありません)
この方は幼少期に「奪う愛」に傷つかれた方だったので、
覚醒した者が体現する「叡智としての愛」というものに実際に触れてほしいとも思いました。

わたしは普段のお喋りではここまで体現することはありません。
勘違いしている人も多いのですが、ただのお喋りの時は単にお喋りを楽しんでいるだけです。
だから本気で向き合うのならセッションを受けてほしいというのは、そういう理由です。
セッションやプライベートでも、ここまでするのは最も傷付いた人に出合ったとしても双方にラポールが成立して、その方にその意思がある場合だけです。

過去のセッションとの違いもその時に話されましたが、その違いは、
覚醒した者が無私の境地から、五感を通して無限に入ってくる情報を伝えながら、
その方の最高の部分にフォーカスした時に、クライアントさんにどのような変化が起きるのかを考えれば明白かと思います。
セッション中は特に、私はそこにフルコミットメントを持っています。
その時に、自分に起きている変化をよく皆さん口にされるのですが、
「それが覚醒が始まって意識が拡大し始めたときの感覚だから覚えていてね」
という意味でもあります。
そしてセッションして終わりでないことは、アフターフォローまで受けてくだされば明確に分かると思います。
私はこれを、この先展開していく自己実現までのプロセスを開くコース内容のシミュレーションとしてやっています。
なので、そのコースができればセッションを一度でも受けられた方は
そちらで他の方との歩みを共有しながらメンバーサイト内で質疑応答やフォローができる仕組みを予定しています。
だからある意味、アメブロの方では多くの人が言われたくないようなことも書いてふるいにかけている部分はあります。
SNSで対応しろとかいうのに振り回されるのもご免だからね(笑)。

例外なく私たちは幸せになるために生まれてきています。
どんな家庭環境に育っても、どんなに運に恵まれていなくても、です。
そのためには、転生で持ち越してきた課題をクリアすること、
自分が幸せになるために、解決に向けて一歩を踏み出すことです。
待ってて訪れる幸せなんてありません。
幸せは作り上げるものなのです。
そして、幸せになる鍵はいつも、私たちの手の中にあるのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP